オフィス

遠くにいても話ができるWEB会議|仕事の効率をアップさせよう

遠隔地との会議

3人の女の人

利用とその注意点

国内や海外となど離れた場所で会議を行いたい場合、これまではどこかの場所にメンバーが集まり会議を行うことが通常となっていた。この場合、遠隔地の場合には出張費用が必要になったり、出張のための時間が必要になるなど企業においての負担も大きなものとなっていた。これらを解決するものとして近年利用が急速に広がっているものとして、TV会議がある。TV会議では、インターネット回線を用いて接続することで音声と映像の両方を用いながら会議を行うことができる。これらのTV会議を利用する際の注意点として、回線速度がある。回線速度が遅い環境の場合、音声が途切れたり、映像が乱れるなど会議が行いにくいことになる。そのため、高速回線の利用が必要となる。

システムとその特徴

TV会議システムの特性として、まずあるのが、映像を含めて映し出すことで、その場に居る感覚で会議を行えるという点である。会議を行う際、音声のみの場合には、その場の雰囲気などが伝わりにくいが、映像と組み合わせることで場所を感じることなく会議を行える。また、システムによっては資料なども双方向で見ながら会議ができるということもある。会議を行う際、パソコンの資料をスクリーンに映し出し会議を行うケースがある。TV会議システムでは、システムによっては会議室の映像と合わせて資料の映像も映し出せることから、資料の説明をしながら会議を行えるということもある。その他、最近のTV会議システムでは発言者にカメラが自動で向くなど機能の拡張も進んでいる。